| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

[BOOK]緑の地球、植物の世界。
0
    評価:
    ステファノ・マンクーゾ,アレッサンドラ・ヴィオラ
    NHK出版
    ¥ 1,944
    (2015-11-20)


    年末に、新刊を買いました。珍しく、理系の本。
    普段はばななさんやみれいさんのエッセイとか、
    身の回りの暮らしにまつわる本が多いのですが
    面白いテーマだったので!
    『植物は知性をもっている 20の感覚で思考する生命システム』NHK出版

    地球に住んでいる生き物が数多くいますが、95%以上は植物だったんですね…!!!
    数字で見ると、動物って意外と少ない住人。

    子どもの頃、環境について習ったときに
    「人間ってなんで自然から奪うばっかりなんだろう。。。
    植物が1番いいな、植物になりたい。でも、動けないのもいやだなあ」と思いました。

    ついつい、自分の身体に近い、動物やほ乳類ばかりに親近感や愛着を抱いてしまいますが、、、
    緑があるだけで癒されるし、気持ちがよくなります。

    体の構造が違うので、親近感を持つのは難しいけれど、
    植物は「動かないで生きること」を選んで進化してきた生き物なのですね〜。
    一部を損傷しても、他の部分があれば再生できる、モジュール構造の体だったり、
    土の中の根冠にはものすごいセンサーやコミュニケーションする機能があったり、面白すぎる〜^^
    ミドリムシとゾウリムシで植物と動物の違いがわかったり、
    植物の動くスピードが相当ゆっくりなので、人間には感知できないとか!

    とにかく面白かったです。
    緑ともっと仲良くなれそう^^
    そんな気持ちで、新しく迎えたムスカリに話しかけたり、庭の木々の世話をしています。




     
    |14:46| BOOK 好きな本 | comments(0) | - | posted by eto - -
    | 1/1 |
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.