[my feelings about children's books ・etoと絵本のこと]夏のアトリエ1日目 絵本と私(2)

板橋区立美術館、久しぶり!

リニューアルした真っ白な建物が迎えてくれました。
美大時代に知ったボローニャ国際絵本原画展。
とうとう、一歩踏み出しました。
私の絵本づくり。
夏のアトリエに参加です。
5日間、
昨年のボローニャ国際絵本コンペの審査員でもある
ディエゴビアンキ氏が講師となり
「記録、観察、アイディアの構築」
がテーマのWrokShopです。
美大以来です。ものづくりがしたい人たちが集う空間!
プロの人が多いかな〜。私下手だし、、、と結構
不安なことも多かったのですが
一旦、最寄駅についてしまえば気持ちが落ち着いていきました。
Diegoはウルグアイに住んでいて、とても素敵なアーティストであり、編集者でもあります。
初めて耳にするスペイン語の響き。
コンペのこと、絵本のこと、
作り手だからこその話などもう盛り沢山な話から始まりました。
制作している中での迷うこと、
その時どう進めていくか、ヒントなど
とても実践的な内容のお話を聞けました。
Diegoの絵本づくりを通して、
遠いアルゼンチン、スペイン語を話す国の文化にとても興味が湧きましたし、
子供の頃の気持ちなども蘇ってきました。
「遊びのスペース」を作ること
実際に自分で観察する、体験すること、発見することの大切さ
実際に植物園に出かけてスケッチしたり、
課題を見せ合ったりしたりしながら
この2つが肝要だな!という初日。
緊張と興奮がまだあり、
夜の交流会でもまだ固かったけど
素敵な5日間が始まった!ことだけは強く確信しました。
まさかの生理初日!がきつかったけれど、
新月のタイミングでもあり、
地球と一緒のリズムに乗っているのは確かです。
コメント